【確認の場】NO.125

2121年04月20日配信


今週から関東大会予選がスタートします。
約5ヶ月ぶりの公式戦となります。
 
今大会もコロナウイルス感染拡大防止の観点から無観客での開催となります。
今日から松戸市も「まん延防止等重点措置」が適用されます。
今後の動向では再度の「緊急事態宣言」も視野に入ってきます。
そんな中での貴重な試合の機会です。
この試合にどんな意味を持たせるかが重要です。。
 
もちろん感染防止が最優先事項ですが、
ラグビーをやっている意味をもう一度考えなければならないと思います。
私たちは何故この時代にラグビーをやっているのでしょうか?
こんな時代だからこそ大切にしたい価値観とは何でしょうか?
 
私たちには目指すべき場所(状況)があり、
現在地とのギャップを埋めるために毎日練習をしています。
練習を積み重ねることで、私たちはドンドン変化していきます。
これが成長ですね。
どう変化していくかが、どう生きるかだと思います。
 
社会に出てもラグビーを通じて実践してきたことを応用するだけです。
外部環境はこれからも加速度的に変化します。
その変化に対応しながら望む状況に自分を変化させていくことが求められている能力です。
 
あなたはどうなりたいのですか?
そうなるために何をするのですか?
これがあなたの生き方ということです。
どうなりたいのか分からない人は、自分のことしか考えていない人です。
人のことを考えれば、自然と自分がやるべき役割が見えてきます。
 
こうやって身につけた力は人のために使って下さい。
大人になっても最も難しい事のひとつは、人を通じて力を発揮しなければならないということです。
ラグビーは一人では出来ません。
人を通じてプレーをしなけらばなりません。
人を通じて発揮された力でなければ価値を持たないということです。
仕事は人の喜ぶことを提供することで成立します。
勝負は相手の喜ぶことを奪い去る戦いです。
人を知らなければどちらも出来ません。
一年生が入部してパートナーシップも新しくなりました。
まずはパートナーの関係を大切にして下さい。
 
理念を体現する事が試合をする価値です。
ラグビーを通じてどんな価値を創出すのか。
勝敗はその結果でしかありません。
 
それが私たちの戦い方です。
日々の活動を整理して理解して下さい。
今チームとして大切にしていること。
今週やるべきこと。
「やる」「やらない」の選択の問題。
「出来る」「出来ない」の能力の問題。
今週末の試合はその[確認の場]です。
 
まだまだ変化できます。
変化こそ最大の楽しみです!!