ブログ

【初ゲーム】NO.123

2121年04月01日配信


 
新チームになり4ヶ月経ちましたが、
やっと初めてのゲームを無事に終える事が出来ました。
 
あなた達が一番実感をしていると思いますが、
とても価値のあるゲームが出来たと思います。
 
なぜそうなったのか?
そうなるための時間を過ごしたからです。
 
新人戦も中止となり、
新チームとしての実践の場が無くなった事は残念でしたが、
この状況だからこそ出来た事もありました。
 
大切な事はどんな状況にも対応し自分たちの力とする事です。
どんな事にも良い面と悪い面があります。
どちらを見るかはコントロール出来る事です。
コントロール出来る事のみを扱う事が状況に適応するために必要な事です。
 
緊急事態宣言が発出され、活動に再制限がかかりました。
前回の緊急事態宣言の時との最大の違いは、
学校に登校できているという事でした。
限られた時間の中で自主性を重視して、
4つの視点で今回の状況を見つめました。
 
虫の目(局所的)でトレーニングをしました。
ミクロな視点で細かいピースを準備しました。
 
蝙蝠の目(前提を疑う)でトレーニングを捉え直しました。
本質的なインパクトの大きい領域に時間を割きました。
 
鳥の目(俯瞰的)で方向性を見失わないようにトレーニングをしました。
目指すべき方向性を見失わないように視野の広さが必要です。
細かいピースを組み合わせる事で今回のゲームを作りました。
 
魚の目(時間軸)
現在の自分たちが時間軸のどの地点にいるのかを見失わないで下さい。
流れを感じて予測して準備をするという事です。
 
自分の人生を多面的な視点で見て下さい。
視点が少ないと必ず盲点が生じます。
見えていないモノ、認識出来ていないモノは、
必ず将来的なリスクに発展します。
ここまでの事をしっかりとレビューをして次に進みましょう。
自分たちが変化していく事を楽しんで下さい。

ブログ記事一覧

2121年04月20日 【確認の場】NO.125
2121年04月12日 【思考の時間】NO.124
2121年04月01日 【初ゲーム】NO.123
2121年03月18日 【期末考査終了】NO.122
2121年03月05日 【卒業式】NO.121
2020年10月10日 【Weekly27 Review】NO.120
2020年10月10日 【Weekly26 Review】NO.119