ブログ

【思考の時間】NO.124

2121年04月12日配信


大きな怪我もトラブルも無く、
ここまで活動出来た事がまずは大きな成果でしたね。
 
ここまでの活動を今後さらにチームの力にしていくために、
しっかりと振り返りを行い事実から意味の抽出を行わなければなりません。
これが分析と言われる活動です。
分析は大きく3つしかありません。
・比較をする。
・変化を見る。
・構成を見る。
これらの分析をするためには、
定量化しなければなりません。
定量化する事で見えていなかったモノを見えるようにする事が出来ます。
何事でも見えている人と見えていない人では大きな差になっていきます。
見るとは視力の問題ではありません。
思考の認識の問題です。
 
今年のチームにとって、
ゲーム中のファクトに共通するセオリーと、ラグビーのセオリーから考えられるファクトの両面から考えなければなりません。
 
何のために考えるのか?
それは意思決定するためです。
意思決定するために思考を投入しているのです。
意思決定する事で行動が生まれ現状が変化します。
 
ラグビーのゲーム中では意思決定の連続です。
根拠のある意思決定であれば、
ゲーム中に問題が起こってもすぐに修正が出来ます。
どんなプレー選択をするのかは意思決定です。
今週どんな練習をするのかも意思決定です。
自分の時間をどのように使うのかも意思決定です。
 
思考の総量は、
話す量や書く量と明らかな相関関係があります。
話せない、書けないは、
思考の総量が圧倒的に足りていない証拠です。
チームの中には学年に関係なく、
育成を出来るメンバーが少しずつ増えてきました。
他人を育てるための行動が出来る人は、
アウトプットの総量が圧倒的に多くなってきます。
自分の事だけでなく、
他人の事まで考えられる人は、
自然と思考の総量が増えてきます。
そんなリーダーが続々と現れてくる事を期待しています。
 
思考は意思決定するための活動です。
人生は意思決定の集積です。
思考のトレーニングも加速させていきましょう。

ブログ記事一覧

2121年05月07日 【意味付けをする】NO.127
2121年04月29日 【5ヶ月ぶり公式戦】NO.126
2121年04月20日 【確認の場】NO.125
2121年04月12日 【思考の時間】NO.124
2121年04月01日 【初ゲーム】NO.123
2121年03月18日 【期末考査終了】NO.122
2121年03月05日 【卒業式】NO.121