ブログ

【5ヶ月ぶり公式戦】NO.126

2121年04月29日配信


 
新チームとなり5ヶ月ぶりの公式戦を無事に終えました。
 
改善をする部分はまだまだ沢山ありますが、とても素晴らしい初戦だったと思います。
何故なら、意思決定が素晴らしかったからです。
対戦相手からも多くの事を学ばなければなりません。
 
コロナウイルス感染防止の観点から、練習試合も満足にできずにここまでチームを作ってきたメンバーを誇りに思います。
 
現在は過去にはないチーム作りをしています。
 
ここまでの事を思い返して下さい。
外部環境の分析。
ラグビーが人生にどんな影響を持つのか。
ラグビーのゲームをスマートに進めるためのキーファクターはなにか。
対戦相手の脅威はなにか。
内部環境の分析。
自分たちの人生にどう影響するのか。
自分たちはどんなチームなのか。
自分たちの強みはなにか。
ゲームのキーファクターを満たすための自分たちのやり方はなにか。
対戦相手の脅威をどうやったら消せるのか。
5ヶ月ぶりの公式戦をどう戦うべきなのか。
 
ラグビーも仕事もやることは一緒です。
いかに価値を生み出すための準備をするのかです。
人を通じて発揮した成果が社会的な価値になります。
 
今週は、準々決勝となります。
今週やるべきことは明確なはずです。
自分たちがどこに進もうとしているのかを見失わないで下さい。
 
東京都に緊急事態宣言が発出され取り巻く環境に変化がありました。
平日の60分間の練習や休日の練習制限。
 
何を思いますか?
私は正しい意思決定だと思います。
 
ラグビーの本質はリーダーシップを醸成する文化を持つ事です。
リーダーシップとは意思決定の事です。
意思決定とは「決めて」「責任を取る」だけの事です。
別の言い方をすれば「覚悟」が必要です。
 
文句は誰でもいくらでも言えます。
文句を言う人は、想定内として準備をしてこなかった人たちです。
「決めて」「責任を取る」人はほとんどいません。
責任を取りたくないから、決めないのです。
まだまだ未知の要素が多い事へは緊張感を持たなければなりません。
 
人は何事にも慣れます。
慣れは、致命的なミスを引き起こします。
ミスは必ず起こるものですが、
挽回不能な致命的なミスは絶対に起こしてはいけません。
ミスはカバー可能ですが、致命的なミスはカバー不能です。
致命的なミスは、誰も責任が取れません。
責任が取れない意思決定はリーダーとしては失格です。
 
現在のあなた達は難易度が高い取り組みをしています。
競争優位性の獲得への取り組みです。
そこに誇りを持って向き合って下さい。
この経験が、将来の自分自身を救う力になります。
 
過去の歴史を振り返っても時代にインパクトを与えるイノベーションは制限の中から生まれました。
それは何故なのか?
いつも言うように簡単な事です。
全ての事は「必然性」から生まれます。
ただ、イノベーションが必要な環境が整っただけです。
いつの時代も、
制限のある環境に諦める人と、制限を力に変える人がいるだけです。
 
私達は、常に後者でありたいと願っています。
 

ブログ記事一覧

2121年05月18日 【6ヶ月ぶりの決勝を終えて】NO.129
2121年05月18日 【最上級生の覚悟】NO.128
2121年05月07日 【意味付けをする】NO.127
2121年04月29日 【5ヶ月ぶり公式戦】NO.126
2121年04月20日 【確認の場】NO.125
2121年04月12日 【思考の時間】NO.124
2121年04月01日 【初ゲーム】NO.123