クラブ理念

 

メッセージ

良い人生(未来)を送ってもらいたい。

学校教育活動の一環であるラグビー部で取り組む全ての活動はこの一念に収斂されます。良い人生とは、それぞれが望む未来の状況を実現していくという事です。私たちはラグビーを通じて、望む未来を実現するための未来を創る力を育成していきます。卒業後の社会で通用しない事は行いません。
世界が大きく変化していく不確実性の高い現代において、環境に適応し発展的な未来を創っていく事が何より求められます。自分を変化させる勇気と術を学び、ラグビーを選択した自分を誇れる高校生活を送って下さい。そして、どんな環境にも適応する事ができる自信を手にして下さい。自らが輝き活躍するは与えられるモノではなく、自らの力で獲得する事で価値を持ちます。これらは、半世紀以上の歴史の中で培ってきた本校ラグビー部の独自性であり、卒業生が社会で立派に活躍し証明してくれています。ラグビーは人生の全てではなく、人生の一部でしかありません。しかし、今後の人生に大きく影響するほどの力を引き出す機会を与えてくれます。ラグビーを通じて、人と社会を学び、タフな身体と精神を獲得して、自らの手で望む未来を実現し、人生を存分に楽しんで下さい。未来はあなたの選択の中にあります。教育の本来の意味は、人から力を与えられるのではなく、自らで力を引き出すという意味です。本校ラグビー部では、社会で活躍するための教育の機会を提供する事を約束します。

指導方針(本校ラグビー部の取り組み)

Future Create (未来を創造する)

それぞれの人によって、良い人生と感じられる状況は異なります。頑張っていればいつか願いが叶うのではなく、望む状況が実現するための合理的な活動が大切です。合理的な努力の積み重ねが未来を創っていく活動です。ラグビーから求められる要求に自らを変化させ、目指す状況を創っていきま
す。ラグビーには15の特性の違うポジションがあります。周囲から求められ、自分が活躍するべき輝ける場所が必ずあります。自分の強みを最大限発揮する事ができる状況を自らの力で獲得して下さい。本校ラグビー部の方法論はシンプルに一貫しています。目指すべき未来の状況から逆算(バックキャスティング)して、それを実現するために必要な要素(アクションプラン)を導き出し、今出来る事を地道に積み上げ(フォアキャスティング)る事で、目指すべき望む未来をチーム全員で実現していきます。できるか・できないかの結果の問題ではなく、やるか・やらないかの選択の問題しか問いません。進捗の変化率を確認するためにプロファイル(ノート)を使ったミーティングを頻繁に行っています。

現在 Forecasting(積上) 未来 Backcasting(逆算)

平凡を非凡に 非凡を平凡に (強みの構築)

日常の生活の中で特別な事は行いません。基本(平凡)を地道に継続(非凡)する事を徹底していきます。微差・僅差の積み重ねがいずれ大差となり、自らの強みとなります。基本的で地道な事の積み重ねの退屈さに世の中の大勢は耐えられません。効果的な事の多くは、使い古され目新しさが無
いため世の中の大勢は疎かにします。人がやらない事だからこそチャンスがあるのです。仲間と共に、平凡を楽しむ工夫と努力が出来た時に、非凡を達成し才能を得るのです。非凡な状態を周囲は特別な事と表現します。しかし、世の中に魔法の杖は存在しません。この事実をしっかりと認識して、自分の人生においての魔法の杖を探し求める旅は終わりにして下さい。目指すべき未来を明確にし、実現に必要な要素を細分化して、日々のスケジュールに落とし込み、淡々と積み上げていきます。リフレッシュのための休息日はしっかりと設け、日々の練習は時間密度を高め、マルチタスクスタイルで行っています。

自立 (セルフコーチング / セルフプロデュース)

自分を成長させる事は唯一自分にしか出来ない事です。成長とは、望ましい方向への変化の事です。自分はどうなりたいのか、そのために自分は何をするべきなのか。自分の望む未来の状況に自分を連れて行く事は、唯一自分にしかできない事です。他人や周囲に依存せず、自分の事は自分でなんとかするという、自立したマインドセットを常に求めます。自分の人生を導いてくれるコーチは自分自身です。必要とされる強みを自らの力で作り(セルフコーチング)、自他の強みを組み合わせて、自分の価値を更に高める事(セルフプロデュース)で自分の役割を全うし、活躍する場を得る事がチームへ貢献するという事です。強みを知り、強みを生かす事は、自分を知り、自分に価値を持たせる事と同義であり、青年期の最重要発達課題である、自己のアイデンティティ(自己同一性)を確立するという事です。1on1ミーティング(通年での個人面談)を通して強みの発見・強みの価値作りを行っています。